img-1

あなたはどんな挙式スタイルがお好みですか

挙式、人生において一生に一度の晴れの日。
どこで、誰を呼んで、どんな衣装で・・・と選択肢が多いこのご時勢、どんな式をあげるか悩む人も多いと思います。



まず場所としては日本古来からの伝統を重んじる神社での神前式、海外やリゾート地でのリゾートウエディング、ホテルや専門式場・ゲストハウスのチャペルでのキリスト教式など形式や場所もさまざまです。



誰を呼ぶかという点においても、新郎新婦2人きりでの挙式から、家族親族のみを招待しての少人数挙式、友達や仕事関係の人まで招待する大人数での挙式と決まりはありません。



そして晴れの日の衣装も神社で白無垢、チャペルでウエディングドレスという定番のほか、もちろん自前のワンピースとスーツでシンプルに式をあげる人もいます。


どこで、どんな形式で、どんな衣装で・・・決まりがないからこそ悩むものです。



ただ、それを決めるにあたって重要なのは新郎新婦ふたりの想い。誰の為にどんな目的で挙式をあげるのかが大切なポイントではないかと思います。



結婚という人生の節目に、これからの二人での生活の始まりのための儀式であれば二人きりでもいいと思います。



育ててくれた親や親戚に感謝の気持ちを伝えたければ少人数での式と会食形式、いやいや一生に一度の晴れ舞台なのだからお世話になっている人を沢山呼んで盛大に、どれも正解だと思います。
ひとつだけいえるのは自身も結婚式をして、またウエディングの仕事をしている私としては結婚式はどんな形でも行うことに大きな意味があるということです。

関連リンク

img-2

挙式当日の手順と心得

いよいよ挙式の当日を迎えて、朝から気ぜわしくなるこの日を無事に終えるためには、前日確認ずみの細かいスケジュールチェックと、両親、媒酌人の役割をきちんと把握することが大切です。それぞれに「いつ、どこで、何をするのか」の確認と、疑問が残らないように打ち合わせを念入りにしておきます。...

more
img-3

チャペルと教会の違いについて

結婚式場として最も連想されやすい会場として挙げられているのが、チャペルや教会などの西洋式の式場です。これらは写真撮影の会場としても利用されることが多く、理想の結婚式会場として昔から人気の高い会場となっています。...

more