img-1

挙式前日までに持ち物チェックは抜かりなく

挙式当日に必要なものは席次表などのペーパーアイテムからリングピローなども小物、結婚指輪などさまざまです。



まずは、すべてのアイテムを挙式前日までの搬入するものと、当日持ち込むものとに分けてリスト化しておきます。



会場によって対応が異なりますが、指輪などの貴重品を除き、ウェルカムボードなどかさばる物は前日までに運んでおきたいものです。
引き出物など直接会場に搬入するものは、挙式の前日までに運び込まれているかを確認しておきます。
当日の荷物はあらかじめ一か所にまとめておき、前日になってあわてなくていいように、必ず当日の持ち物リストを作り、チェックしながら荷物をそろえていくのが確実です。

また、当日着ていく家族の衣装や2次会の衣装などは、ハンガーにつるして、ほつれや汚れがないかをチェックします。



防虫剤などのにおいが残らないように風を通しておくことが大事です。
そして、挙式の前日に確認しておきたいのが当日のお天気になります。



雨や雪の予報の時は傘などの雨具の準備はもちろん、持ち物によってはビニール袋などで水漏れ防止のカバーをかける必要があります。



当日になってあわてずに済むように、悪天候の場合に何が必要になるかも考えて準備しておくことが大事です。
もし、挙式後すぐに新婚旅行に行くという場合には、旅行の荷物とパスポート、旅行用のお金なども忘れずに用意し、パスポートやお金などの貴重品を会場やホテルに持ち込む場合には、セイフティボックスに預けるなど万全の管理をします。



関連リンク

img-2

チャペル挙式の豆知識

ウエディングドレスを着てバージンロードを歩くチャペルでの挙式スタイルは、女性にとって憧れの結婚式のスタイルとして今でも大変人気があります。厳粛な雰囲気の中にもロマンチックな感覚があるチャペル挙式の豆知識を見てみます。...

more
img-3

チャペルと教会の違いについて

結婚式場として最も連想されやすい会場として挙げられているのが、チャペルや教会などの西洋式の式場です。これらは写真撮影の会場としても利用されることが多く、理想の結婚式会場として昔から人気の高い会場となっています。...

more