img-1

チャペル挙式の豆知識

ウエディングドレスを着てバージンロードを歩くチャペルでの挙式スタイルは、女性にとって憧れの結婚式のスタイルとして今でも大変人気があります。

厳粛な雰囲気の中にもロマンチックな感覚があるチャペル挙式の豆知識を見てみます。
あまり意識として定着しておりませんが、本来教会は公的な祈りの場であり、信者が礼拝をおこなう場所です。なので基本的には教会式を挙げられる資格があるのは信者だけであり、誰でも教会式を上げることはできません。

一部信者でなくても結婚講座を前もって受講し、挙式できるところもあります。



ホテルや式場に併設された結婚式専用のチャペルであればだれでも式を挙げられますので、こちらを利用する方がほとんどです。

また境界の宗派は大きく分けてカトリックとプロテスタントに分ける事ができ、それぞれ違った特徴があります。



例えば司式者の呼称は、カトリックは「神父」プロテスタントは「牧師」と言います。



バージンロードの色もカトリックは赤や緑、プロテスタントは白です。



現状として、結婚式場では厳密にいうところの境界挙式とは違った進行や演出を取っている所がほとんどです。

一生に一度の結婚式をドラマチックに演出する為のサービスや工夫をしています。



例えばバイオリンやハープなどを使用した入退場時の生演奏です。



候補の中から曲をリクエストできるサービスなどもあり人気です。
他にもバルーンリリースなども定番ですが、本来の教会挙式ではこのようなことはしませんので、その点でも演出のサービスは幅広い物があります。

関連リンク

img-2

あなたはどんな挙式スタイルがお好みですか

挙式、人生において一生に一度の晴れの日。どこで、誰を呼んで、どんな衣装で・・・と選択肢が多いこのご時勢、どんな式をあげるか悩む人も多いと思います。...

more
img-3

チャペルと教会の違いについて

結婚式場として最も連想されやすい会場として挙げられているのが、チャペルや教会などの西洋式の式場です。これらは写真撮影の会場としても利用されることが多く、理想の結婚式会場として昔から人気の高い会場となっています。...

more